結論から言いますと…

日常生活では電気が一番大切なのです。

 

電気は必需品!

だからこそ電気を用意しておこう!

 

というわけで、

「台風 停電 解決」

について考察していきましょう。

(゚д゚)(。_。)ウン



電気を買おう!

台風被害って何だろう?

超現実的な台風対策について考えてみました。

 

台風っていえば…

暴風で町がムチャクチャに荒らされて、人や家も被害を受けたりする自然災害ですよね?

最悪、死人も出ます。

 

人間は自然には勝てない!

だからこそ、その前に何をすべきか?

 

避難訓練なのか?

防災グッズを買うことなのか?

最善の予防策とは何なのか?

 

屋根が飛ぼうが電信柱が折れようが、その予防なんて無理ですよね、個人レベルで考えてみれば。

天災時に備えて何をすべきか?

について考えてみると、実際に体験してみれば色々見えてきます。

 

食料を確保すること?

 

違います。

電気を用意しておくことです!

 


SmartTap ポータブル電源 PowerArQ (626Wh/174,000mAh/3.6V/正弦波 100V 日本仕様) 正規保証2年 008601C-JPN-FS

 

人間にとって最大の苦痛とは?

2018年9月。

台風21号が来るらしい。

 

雨風も強く被害も大きくなるでしょうが…

「通り過ぎたら普段の生活に戻るだろう」

てな感じで、

「台風の日は家でパソコンでブログでも更新していこう」

それが僕の正直な気持ちでした。

 

しかし…

その僕の予想をはるかに超える被害があったのです!

 

9月5日、台風直撃!

風が非常に強く吹いています。

近所の家の瓦が飛び落ちる音も!

 

そして…

電気が消えました。

 

停電か?

しばらくしたら復旧するだろう。

 

 

しかし、待てども待てども復旧しません。

 

近所から騒ぎ声に近い声が聞こえてきてます。

電信柱が3本ほど折れているみたいです。

 

最悪だ…

何が最悪だって?

パソコン使えないから…(;・∀・)

ちなみにスマホでこの記事を読んでいるアナタも電池が切れれば何も見れなくなります、充電できませんからね。

 

復旧まで数日かかるらしい。

それまでは電気を使えません!

 

とりあえず僕は車のガソリンを満タンにするために、ガソリンスタンドへ向かいました。

パソコンを使えないのは仕方がありませんが、車があれば音楽も聴けるし、スマホの充電も出来ます。

 

停電によってほとんどのガソリンスタンドは営業してませんでしたが、

幸いに営業出来てるガソリンスタンドを見つけて、満タンに。

 

そのついでに家族に頼まれてコンビニへ買い物です。

懐中電灯用の電池とか食料とかを買いに行ったのですが…

どこもかしこもお客さんでいっぱいです!

 

「風が吹けば桶屋が儲かる」

ということわざがありますけれど

「台風が来ればコンビニ商売繁盛」

を目のあたりにしました。

(;・∀・)

 

そして…

家に帰っても、何も出来ないw

 

「当たり前の日常」がそこにはないのですよね。

 

僕は普段テレビは見ませんが、テレビも見れない、明かりもつけられない。

静寂と暗い空間です…

しかもお風呂も入れません。

 

あなたはどうしますか?

 

どうするもなにも…

「復旧するまで待つしかないじゃん!」

そう考える人がほとんどだと思いますが…

 

僕が感じたのは時間の流れが非常に遅いということですね。

人間にとって最大の苦痛は何か?

それは「何もしない(できない)こと」です。

 

暗いので本も読めないし、スマホで色々見て時間を潰すだけ。

 

しかも…

「え?まだこんな時間?」

 

時間がたつのが遅いのです!

いかに電気が人間の生活に欠かせない大切なものであるかを思い知らされました。

 

家にいても苦痛しか感じられないので、僕はドライブに出かけることに…

台風が去ったとはいえ、ドライブ?

神経おかしい!

とか言われそうですがw

 

音楽を聴きながら車を運転しているほうが楽しいです。

暗い家の中でじっとしているほうが苦痛でしたからね、僕にとっては。

 

でも、

台風被害による信号機故障とかすごかったですね。

トラックが転倒しているのも見かけました。

 

それにしても…

運転中、電気がついている家を見ては

「うらやましい」

と感じました、正直いってw

 

電気が使えないからドライブで気晴らし…

なぜなら、

家で何をするわけでもなくじっとしている時間は長すぎるから。

 

ちなみに、僕の近所は電気が復旧するまで3日かかりました。



まとめ

現実的にいえば…

電気、ガス、水道、

電気が使えないのは一番不便です!

 

電気は一番得られにくいこともありますから、だからこそ電気が止まれば不便を感じられるのですよね。

 

エアコン、洗濯機、は使えませんし、テレビやパソコンもスマホかノートPCで代用するしかないです。

しかし、電池が切れれば終わりです。

 

ガスは重要か?

車の燃料という意味でガソリンは必要です。

車が動けばエアコンも効きますし、スマホの充電とかも出来ますからね。

もちろん車にはポータブル電源を積んでおきましょう。

AC100V電源はもちろん、ジャンプスターター、シガー電源、色々活躍してくれることでしょう!

 


日立[HITACHI] ポータブルパワーソース PS-64000

 

それにしても…

電気以外はあまり必要性がない?

というのが正直な感想です。

 

ガスといえばお風呂です。

数日間くらいなら辛抱出来ます。

夏限定ですが水風呂で何とかなります。

 

ちなみにお風呂は電気が止まれば使えません。

なぜなら、

お湯を出すにはガスと電気、両方が必要だから。

 

水道は重要か?

水道が止まって困ることといえば…

水洗トイレが使えないというだけです。最悪、野グソでもすればいいんですw

いくら天災でもティッシュくらいはあるでしょう?

手を洗うのは自然の水でなんとかなります。

 

飲み水はコンビニで買いましょう。

よほどの大震災でもない限り、この日本では人命にかかわるような水不足は起こりにくいと思うからです。

 

ちなみに、

公共料金の滞納について考えてみると…

最後に止められるのは水道です。

しかし現実問題、電気が止まるのが一番不便です。

 

大容量ポータブル電源

台風に限らず、電気会社の都合で停電。

あなたは我慢出来ますか?

僕は我慢できませんw

 

しかも一時的な停電ではなく、

天災などによる、いつ復旧するか分からない状態ならなおさらです。

 

ストレスもたまっていくことでしょう。

 

だからこそ!

万全の状態で天災に備えましょう。

ポータブル電源を買っておきましょう。

 

戦略室ブログさんの比較記事が参考になります!

【停電対策】大容量ポータブル電源 まとめ&比較【モバイルバッテリー】

 

あとは、

台風が来る前日くらいには車のガソリンは満タンに!

電車とかも止まれば動けません。

 

たとえ台風が去っても停電なら、

「何も出来ない」

停電ならガソリンスタンドも営業できませんから、

「どこにも行けない」

 

それを考えれば現実的な台風対策は、

屋根補強工事でもなく、避難訓練でもなく、

あなた自身が不自由にならないために

「電気を用意しておく」

ということです。

 

最後に…

ポータブル電源は高額であればあるほど、大容量でソーラーパネル充電も出来たりして信頼度がアップしていきます。

台風に限らず、大震災の時にも大活躍してくれることでしょう!

(・∀・)ウン!!


suaoki ポータブル電源 G1200 332000mAh/1200Wh AC1000W(瞬間最大2000W) 家庭用蓄電池 超大容量 純正弦波 LCD大画面表示 2WAY充電 4WAY出力 急速充電QC3.0搭載 キャンプから防災までオールマイティに大活躍 PSE認証済 24ヶ月保証