一瞬で終了するセールスの断り方!

その方法を具体的にお教えします。

 

「お断りします」

よりも強力です。

 

なぜなら、

「でもね、うちの商品は…」

といった展開を相手にさせないからです!

 

セールスの拒絶をしなくても良い?

しかも相手は納得して去っていく?

 

「うちの商品を試してみませんか?」

買いたくもない商品やサービスについて、

営業トークを聞かされたあげく…

 

「お断りします」

そう言って、あなたは電話を切ります。

そんな感じですよね、おそらく。

 

はっきり言って、時間の無駄です。

聞くのもつらい、

断るのもつらい。

 

なぜなら、

あなたにとってストレスだから…。

疲れます!

 

あなたの一言でセールスが一瞬で終了する!

僕は自慢ではありませんが…、

セールスの電話なんてほんの数秒で

終わらせてしまいます。

 

多くの人がセールスに嫌気がさして、

ストレスを感じているこの社会…

 

だからこそ、

具体的にお教えます!

ストレスフリーのシンプルな断り方を。

 

電話の場合

もしもセールスの電話がかかってきたら?

 

「僕(わたし)は留守番です」

「お父さんお母さんは今いません」

 

と言えばオーケー。

 

僕はもちろん大人ですが、

いつもコレで終了!

 

子供っぽい声で言うのがコツですw

 

驚くべきことに、相手は簡単に

「あ、そうですか」

といって電話を切ります。

 

「何時ごろに帰ってきますか?」

とか聞いてくることがありますが、

「わかりません」

でオーケーです。

 

そこで電話は終了します。

 

話を理解できない相手には、

営業トークをしても無駄だからです。

 

相手も仕事で電話をかけてますから、

商売相手にならないと感じたら切ります。

 

訪問の場合

訪問販売とか新聞勧誘とかが来たら?

 

僕が一人暮らしをしていた頃のお話です。

新聞勧誘がよく来ました。

 

「新聞とってますか?」

「いかがですか?」

てな感じで。

 

これも僕はいつも一瞬で終わらせてました。

 

「僕はこの部屋の住民ではありません」

「友人の留守番で今この部屋にいるんですけれど…」

 

簡単に帰っていきます。

 

なぜなら相手も人間だから、

そこから先がないと思うのですよね。

 

自分が今から勧誘しようと思っている

住民がそこにいないから!

 

留守番の人間に勧誘しても意味ありませんからねw

 

セールス側の本音は?

僕の友人の話です。

彼は昔、電話でのアポイントメントのバイトをしていました。

 

電話で商品の紹介をして、

相手に買ってもらうのが目的です。

 

彼が言うには、

一番厄介なお客さんは、

冷たいお客さんでもなく

怒るお客さんでもないのです。

 

話をズルズル聞いたあげくに、

買うのか買わないのか?

はっきりしないお客さんを相手にするのが苦痛。

 

うちの商品を買うのか買わないのかどっち?

「優柔不断ではっきりしないのが一番困る!」

「長電話はつらい!」

と言ってました。

 

まとめ

セールスされる側と販売員側、

両方に共通して言えるのは、

 

出来るだけ早い段階で、

イエスかノーか、はっきり相手に伝えた

ほうが良いみたいです。

 

でも、今回紹介した

「子供留守番作戦」

「友人留守番作戦」

相手に話をさせる前に終わらせるので、

イエス、ノー、も必要ありません。

 

「お断りします」

を言わなくても、相手から去っていきます。

 

その最大のメリットは、

あなたは、留守番を演じてなりすますから疲れない。

セールス側も納得して無駄な営業トークをせずに済む。

 

ぜひお試しくださいね!

簡単で効果絶大

という意味では最強です。

 

なぜなら、

売る側、売られる側、

どちらにとってもストレスがないからです!

 

失敗例も教えます!

最後に、最悪ケースをお話します。

 

長時間セールストークを聞いたあげく、

泣いて断る作戦

になってしまった僕の体験談です…(・・;)

 

コレは、

セールス側の方にぜひ読んでいただきたい!

 

僕は昔、布団の飛び込み営業にあったことがあります。

その時のお話です。

 

僕がバイト帰宅時にポスト前で、

訪問販売員にばったり出くわしました。

相手は布団屋さんです。

 

帰宅現場ですから留守番作戦も使えませんでした。

 

その飛び込み営業マンは

色々必死に、しかも友人知人に話すような感じでした。

悪く言えばなれなれしく営業してきます。

 

それに関しては、

僕は特に気にしませんでした。

 

なれなれしい感じでしたけれど、

ものすごく情熱あふれる感じで

しかも僕と同じくらいの年齢みたいで

少しだけ親近感がわいたのです。

 

「話だけは聞いてもいいかな?」

と思いました、僕は。

 

立ち話もなんだし、

早く自分の部屋で早くゆっくりしたい、

てな感じで、

僕は彼を自分の部屋に招待。

 

雑談をしながら、

僕はカタログを見せてもらいました。

 

そこには、布団だけではなくて

色々な商品がありました。

 

でも、彼が一押しするのは布団でした。

 

僕はインテリア関連商品とか好きです。

そんなわけで、カタログを手に取り

その他の商品も見ていくことに。

 

そこで僕は…

他の商品に目がいきました!

 

それはムートンの座布団でした。

「このムートンの座布団、いいですね!」

「これなら買いたい!」

と正直な意見を言いました。

 

でも、なぜか、

彼は僕が興味をしめしたムートンよりも

布団をすすめてくるのですよね。

 

僕が欲しい商品を無視して、

なぜか彼は布団にこだわる!

僕には興味がないのに…

 

「ぜひ布団を買ってほしいんですよ!」

てな感じです。

 

らちがあかない状態がしばらく続いた後、

たまたま僕の目にゴミが入りました。

 

そして、

最後には涙を流しながら一言。

「もうじき友人が来るのでここらへんで…」

 

相手には、

僕が泣きながらセールスを断っているように見えた

…かどうか分かりませんがw

 

結果、

彼は残念そうに帰っていきました。

 

僕が残念でした!

 

今から考えれば…

の僕の予想になりますけれど。

 

お客さんのニーズよりも

自分の営業成績をあげたかったのです、

たぶん。

この場合は布団の売り上げが大切

だったのでしょう。

 

飛び込み営業で重要なことは、

その商品を必要としているであろう

お客さんを探しに行くことなのです。

 

ちなみに僕もこれまで、

飛び込み営業の仕事をした経験がありますけれど、

「商品の押し売りはしてはいけない」

と上司から教わったことがあります。

 

あくまでも、

お客さんの立場に立って考える

のが重要なのですよね。

 

それにしても…

「セールスを泣きながら断わるのも悪くないかも?」

と、この記事を書いていて思いました、僕は。

僕は変人ですw

ペコリ(o_ _)o))

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました