「もしもし○○○○やけど…」

明らかに怪しい電話の声。

そして、何だか不自然な言葉使い…。

 

僕の母親は異変に気付いたのであった。

「何か…いつもと声が違うなあ」

 

電話の向こうのもう一人の僕は

「うん…ちょっと前から風邪ひいてマスクしてる」

 

さらに母親は質問、

「今どこから電話してるん?」

 

そして、数秒後…

電話は切れた。

 

オレオレ詐欺?

振り込め詐欺ともいわれ、

身内を騙り、

お金を振り込ませる詐欺行為が

「オレオレ詐欺」です。

 

数多い詐欺行為でも

成功率が低い部類だと、

僕は思います。

 

その理由について考えてみました。

 

一人称単数形について

僕は、

普段から自分のことを「僕」と言います。

 

ちなみに、関西では

「俺(オレ)」

が一番多いです。

 

「大人のくせに僕?(笑)」

と、笑われたことが今まで何回かあります、

僕は。…(;´・ω・)

 

 

あなたは自分のことをどういいますか?

 

男性の場合

オレ←たぶんコレが一番多い

わし(わい)←関西人に多い(たぶんw)

僕←どれくらいいるのかな?

私←礼儀正しい立派な大人?

 

女性の場合

私(あたし)←たぶんコレが一番多い

アタイ←たくましい女性

自分の名前←ちょっとコレは、ノーコメントw

 

…そんなわけで、

 

オレオレ詐欺の最大の弱点は

オレ限定になってしまうことです!

 

言いかえれば、

男性で「オレ」という人。

ターゲットとなる相手のリサーチを
してから詐欺行為に及ばなくてはなりません。

 

生活習慣について

冒頭での、

僕の家にかかってきた変な電話。

 

オレとは言ってません。

 

僕の本名を言ってます。

 

そこらへんはよく考えてるな、

と感心してしまいますがw

 

リサーチが足りなかったのが

失敗の原因です。

 

なぜなら、

僕は自分の家に電話をかける時、

最初に発する言葉は

 

「もしもし、僕やけど」

だからです。

 

自分の名前は言いません。

声で分かるでしょ?てな感じでw

 

そして、その詐欺師はさらに

声が違うのをマスクでカバーしようとして

失敗、電話を切ってます。

 

僕は風邪をひいてもマスクなんてしませんからね!

それはそれで、別の意味で周りからすれば迷惑ですがw

 

まとめ

もしも、あなたに
変な電話がかかってきても

フツーに対応するのが大切です。

 

あわててはいけません!

 

落ち着いて普段通りに会話をしていけば

相手から電話を切ります。

 

最悪しつこい場合は

もう一つの手でスマホをにぎり、

警察に電話をすればいいのです!

 

「変な電話がかかってきました!」

「聞いてください!」

 

といえば、オーケー。

 

「オレオレ詐欺」の

実況生中継です。

 

その結果…

 

詐欺師は電話を切り、

おまわりさんには

「そんなことで電話しないでください!」

 

とあなたが説教されます、たぶん。

というわけで、

オレオレ詐欺について考えてみました。

ペコリ(o_ _)o))

最後まで読んでいただき
ありがとうございました