初心者ギタリストにこそ、

マルチエフェクターをおススメします!

 

そのメリットについて解説していきますね。

 

デメリットもなくはないのですが…

「初心者ギタリスト」

という観点からすれば、

 

ありませんw

 

それは中級者レベルでのお話になるので、

ご了承ください。(o_ _)o))

 

マルチエフェクターについて

プリセットされたサウンドがお手軽に呼び出される。

それがマルチエフェクター!

 

簡単すぎる説明ですがw

 

あ、

もちろん自分でも音作りが出来ますからね。

 

一方、

コンパクトエフェクターというものもあり、

それぞれ単品で買ってつなげていきます。

 

マルチとコンパクト、

どちらも一長一短、好みもあります。

 

でもなぜ、

初心者はマルチエフェクターを

最初に買うべきなのか?

 

僕なりに考えた理由を述べていきます。

 

コストパフォーマンスが高い

とりあえずひとつマルチエフェクターを買えば

ひととおりのサウンドが楽しめます。

 

簡単にいえば膨大な量のコンパクトエフェクターが

ひとつの箱に入っている!

と思っていただければいいです。

 

一万数千円のものから十万円以上のものまで

多くの種類がありますが、

その中から予算に応じて選べるので

初心者にやさしい!

 

もちろん高額なモデルのほうが、

サウンド面や使い勝手とか色々な面で

クオリティが高く初心者を卒業してからも

長く使えます。

 

簡単に良いサウンドが出せる

これが初心者ギタリストにとって、

もっとも重要なポイントです!

 

小さいアンプにコンパクトエフェクターで

いきなり最初から

完成されたギターサウンドにするなんて

初心者にはおそらく無理でしょう。

 

プロが使っている何十万円もする

大型の真空管アンプなら、

それだけで完成されたギターサウンドですが

 

それも

現実問題、ムリですよね?

 

金額はもちろん、家では鳴らせません。

 

だからといって、

小さい練習用アンプにコンパクトエフェクターを

つなげていけばいくほど、

音作りが複雑になっていきます。

 

その苦労のわりに

「良いサウンドにはならない…」

 

その点、マルチエフェクターは

簡単に良いサウンドが出せます。

 

コンパクトエフェクターのアナログつまみを

回して自分の感覚だけで音作り…

とは違い、

プリセットされた音をそのまま使えます。

 

もちろん、

微調整や、自分で一から音作りも出来ます。

 

録音作業に強い

マルチエフェクターには

「スピーカーシミュレーター」機能

が内臓されているモデルが多いです。

 

スピーカーシミュレーター?

何それ?

 

簡単にいえば、録音作業をする場合、

シールド接続のライン録りにおいて

アンプのスピーカーから鳴らした

サウンドに近くなります!

 

もちろん、ヘッドホンで練習する時も

スピーカーシミュレーターはオンにしましょう。

 

ちなみに、それがないと

シャリシャリした、およそギターらしくない音になってしまいます。

 

だから、

ヘッドホンで練習する時や録音作業の時は、

スピーカーシミュレーターが大活躍してくれるのですね。

 

もちろん、スタジオとかでアンプにつなげて

音を出す時は、オフにするのをお忘れなく。

 

オン状態でアンプから音を出してみれば

分かると思いますが…

これもムチャクチャなサウンドになりますw

 

まとめ

初心者ギタリストにマルチエフェクターを

おススメする理由は、

 

・コストパフォーマンスが高い

・初心者にとって簡単

・ヘッドホンでも良いサウンド

 

ということですね。

 

ちなみに僕がギターを始めた頃、

小さい練習用アンプで練習してました。

 

そして、

初めて買ったマルチエフェクター…、

 

感動しました!

 

「最初から買っておけば良かった」

てな感じでw

 

その日は、

時間も忘れて徹夜でギターを楽しみました。

 

それほど効果絶大だったのですよね、

マルチエフェクターは!

 

Rocktron VooDu Valve Online Guitar Multi Effects Processor

現在の僕が愛用しているマルチエフェクターです。

 

Rocktron voodu valve

 

スピーカーシミュレーター機能が、

ずば抜けて優秀です!

 

気になるお値段は、定価約12万円。

 

ですが、

僕は中古品を約7万円で買いました。

 

最後に

僕はすでに、初心者ではありませんので

アンプヘッドとスピーカーキャビネットも

もちろん所有してます。

 

そのサウンドは申し分ありません。

大型の真空管アンプですから、

あたりまえなんですけどw

 

しかし…

デカい!重い!

 

家での練習とか曲作りとかでは、

本物のアンプよりもマルチエフェクターが

大活躍するのが現状です。

 

そんなわけで、

僕は今でもマルチエフェクターを愛用してます。

なぜなら、お手軽だから。

 

最後に…

 

マルチエフェクターは、

膨大な種類のモデルが発売されています。

だからこそ、

予算に応じて選べるのですよね。

 

初心者ギタリストにとっては

金額面でもお手軽だ思います。

 

あなたもぜひ自分に合ったモデルを

探してみてはいかがでしょうか?

ペコリ(o_ _)o))

最後まで読んでいただき
ありがとうございました