ギターの練習はヘッドホンでしてもいいの?

 

家ではヘッドホンを使用して、

アンプで実際に音を出してはいない。

 

僕もそうですが。

おそらく、そのような人が多いと思います

 

日本の住宅事情を考えればそれが

現実的だと思います。

アンプでフツーの音量で音を出しても、

近所迷惑になりかねませんからね。

 

ヴォーカルやドラムに比べて、

ギターやベースは

家での練習が圧倒的に多いと思います。

 

実際に音を出したい場合は

スタジオで個人練習で予約します。

一時間500円くらいですかね。

 

練習に限らず作曲作業とかでも、

ヘッドホンは必需品となります。

 

そこで、あなたが使うヘッドホン、

ちょっと待ってください!

 

電気屋さんで売られている

音楽鑑賞用のヘッドホンは

練習や作曲作業では使わないように!

 

え?

そもそもヘッドホンて音楽鑑賞用でしょ?

 

音楽を聴く場合は電気屋さんで売られている

フツーのヘッドホンでオーケーですが、

音楽を作る場合は楽器屋さんで売られている

 

モニターヘッドホンを

使用しましょう!

 

ということで、

スタジオモニターヘッドホンについて

解説していきますね。

 

スタジオモニターとは?

出来るだけ原音に近い状態で聴く

と、いう目的で使用されています。

 

原音に近い状態って何?

 

加工せずにフラットな状態です。

ちなみに電気屋さんで売られている

音楽鑑賞用はフラットではありません。

 

なぜ必要なのか?

普段使用している一般的なヘッドホンやスピーカーは、

音が加工されてます。

 

たとえば、

低音強調など迫力あるサウンドを聴かせるために。

 

リスナーにとっては、

気持ちよく聴けてそれで良いのですが…

 

作り手がそれを使用して音楽制作すれば

どうなると思いますか?

 

意図しないような結果になってしまいます。

 

作っている段階ではフツーに聴けていたのに

完成して聴いてみたらサウンドがいまいち

 

理想のサウンドに仕上がらない!?

 

そうならないようにするために、

原音に忠実なフラットな状態で聴ける

モニターヘッドホンが必要なのですね。

 

特徴と効果

初めてスタジオモニターヘッドホンを使用したら

中域が強く感じると思います。

僕がそうでした。

 

しかも音圧というか迫力がありません。

 

それでいて値段も高い!

大丈夫か?

 

効果は…

理想のサウンドに仕上がります。

 

これは体験してみないとわからない事なので

とりあえずは、楽器屋さんで

スタジオモニターヘッドホンを買いましょう。

 

ソニー MDR-CD900ST

僕はコレを使用しています。

 

SONY MDR-CD900ST

 

業界標準といわれる、おそらく一番有名な

モニターヘッドホンではないでしょうか。

 

はじめてのスタジオモニターヘッドホン…

「何を買えば良いのか分からない」

と悩むなら、コレです。

 

気になるお値段は、

約1万6千円。

無地のパッケージで、しかも保証書ナシ!

業務用(プロ向け)として売られています。

 

【MDR-CD900ST の詳細はこちら】

Sony Music Communications Inc.

 

まとめ

ギターの練習はもちろん、

音楽制作においてはなくてはならない

モニターヘッドホン。

 

原音に忠実に再現

理想のサウンドに仕上げるのが目的

 

音楽を始める前のリスナー時代には

想像も出来ないないようなアイテムだったのですね。

 

楽器屋さんへ行けば、

色々なメーカーから色々な種類の

モニターヘッドホンが売られていますので、

ぜひ、店員さんと相談しながら選んでみてくださいね。

 

最後に

僕がバンド活動を始めた頃、

オリジナル曲で音源制作していくのですが

なかなか理想どおりのサウンドになりませんでした。

 

ひと言でいえば「安っぽい音」

 

今聴いてみれば分かるのですよ、

「中域が強い」ということに。

 

なぜなら、当時の僕は

低域と高域が強調された

音楽鑑賞用のヘッドホンで録音作業を

していたからです。

 

結果として、完成された音源は

中域が強くなります。

 

スタジオモニターヘッドホンを使い始めてからは、

そのような失敗はほとんどなくなりました。

 

いかに、フラットな状態の音で

録音作業をするのが大切か?

 

失敗と試行錯誤を繰り返しながら

成長するのも大切です。

 

しかし、

機材選びでの失敗は、

しないほうがいいですw

ペコリ(o_ _)o))

最後まで読んでいただき
ありがとうございました