えっと…

最初に言っておきますが、この記事は超個人的な日記記事となっております。

(o_ _)o))

 

2018年12月の King Crimson 大阪公演、行ってきます!

僕の知人がチケットを買ってくれました。

キング・クリムゾンというバンドの大阪公演のチケットです。

今からワクワクしてます!

あのキング・クリムゾンを生で観れるのか!?

てな感じです。

 

しかし…

「キングクリムゾンて何?」

「有名なバンドなの?」

と言われそうなので、どれほど凄いのか?について書いていきますね。

 

気軽に読んでいただけたらうれしいです。

 

Windows の起動音を作った人

どれほど有名であるか?を超簡単に説明しますと…

キング・クリムゾンというバンドを作り、リーダーであるロバート・フリップという人、実は…

凄い人なんです!

 

 

ギタリストとしては、もちろん凄いです。

キング・クリムゾンも有名です、ロックというジャンルが好きな人にとっては。

 

しかし、それに加えて「一般的」にも凄いんです、彼は!

なぜなら…

誰しもが日常的に聴いていたであろう、VistaとWin7,8の起動音。それを手掛けたのが、ロバート・フリップ!

 

キング・クリムゾンの曲を聴いたことがない人は多くても、Windowsパソコンを使ったことのない人は少ないでしょう。

 

ちなみに、その起動音、製作期間は一年半らしいです…

起動音ごときに時間かけすぎでしょ?てな感じですがw

「聞き心地がよく、繰り返し聴いても飽きない音」というのがマイクロソフト側の要求だったらしいので、さすがのロバート・フリップも時間がかかったのでしょう。

ちなみに、Windowsロゴの4色の旗がモチーフになっていて、音が4つの和音で構成されています。曲も4秒きっかりで終了。

大作主義と言われるプログレッシブ・ロックというジャンルですが…

洗練された四秒の起動音を作り上げたロバート・フリップは天才!

 

誰も知らないこの現実!はさておいて…

King Crimson の魅力について語っていきたいと思います!

 

進化し続けるプログレ界の王!

異論の余地がないくらいにプログレッシブロックという音楽ジャンルの先駆者のひとつです。

しかし、その他のプログレバンドと違う点があるのです。

 

進化し続けて今もなお現役!しかもテクニックも最先端!

考えられない事ですよね?

 

 

ちなみに僕が思うに音楽という世界には「世代交代」がないのでは?

ということです。

スポーツの世界では現役時代は短く、世代交代というものがありますが、音楽の世界ではさらなる実力主義が存在するのではないででょうか?

若さだけでは乗り越えられない壁を作り上げ、そしてさらなる進化をし続ける…

まさに強い者が勝つという極論になってしまいますが…

若者が老人に負ける、若者が太刀打ちできない、そのようなジャンルが音楽である!

 

しかし、それがまた素晴らしいのも事実。

歴史的銘盤を生みだしたバンドが今もなお生で観れるなんて素晴らしいことだと思いませんか?

 

そんな小難しいことを考えながらこの記事を書いてみましたw

ペコリ(o_ _)o))