「ギターを始めたけれど、なかなか上達しない…」

「練習方法が悪いのかな?」

 

そんな初心者さんへむけて、

環境改善プロジェクトを紹介!

 

どちらかといえば、

中級者向けに近い内容だと思いますが…。

ある意味、

練習方法よりも大切だと思いますので、

ぜひ実践してみてくださいね!

 

初心者のうちから実践したほうが、

絶対に上達が早くなります!

 

  • まずはコレをお読みください

 

僕の昔のバンド仲間、

Мくんの日常生活をお話します。

 

当時、彼はすでに初心者ではありませんでした。

 

けれど、「ギターがなかなか上達しない」

とか愚痴をこぼしていたのです。

 

彼の毎日はこんな感じでした。

 

バイトから帰宅、

「練習しよう」

ギターケースからギターを取り出して

練習にとりかかります。

 

床にあぐらをかいてギターを弾いていきます。

たまに練習の最中、

曲のアイデアが思いつくこともありました。

「お!コレ自分のバンドの曲で使えるかも?」

 

でも、

録音機材につないで録音するのも

手間がかかりめんどくさい…

「ま、今日はいいか!」

 

てな感じで、

フツーに練習して

フツーに一日が終了。

 

そんな毎日が繰り返されていきます。

 

Мくんは練習熱心で、

ほとんど毎日かかさず練習していました。

 

でも…、なぜか分かりませんが、

毎日バイトから帰宅して

寝るまでの間、一所懸命に練習しているのに、

上達している実感がわかないのです!

 

彼は初心者ではありません。

いちおう自分でオリジナルの曲を作りながら

ライヴ活動もしてました。

 

でも…、

実際、Мくんはライヴで満足に演奏できたことは

ほとんどありません。

それにくわえて、

彼が作って録音した曲は、

演奏面でのミスが目立ちます。

 

本当に上達してはいなかったのでしょう。

 

ぶっちゃけ、僕の正直な感想は

努力しているのは分かるけれど…

なぜ彼はこんな状態なのか?

分かりませんでした。

 

努力してるのに、

結果として表れていない?

 

当時の僕は、

なぜ彼が一所懸命頑張っているのに

ギターが上手くならないのかが疑問でした。

 

あなたはどう思いますか?

 

練習量が足りなかった?

練習方法が悪かった?

Мくんにギターのセンスがなかった?

 

このМくんのケースでは

練習量や練習方法、

それ以前の間違いをおかしてます。

 

センスがあったのかなかったのか?

に関しては、現在の僕でも分かりませんけどw

 

環境が悪かったのは事実です。

 

それを今から

解説&改善していきます!

 

環境改善プロジェクト

数年前に、僕は

ギター練習における環境改善

にとりかかりました。

 

練習は量も質も大切だけれど…

まずは環境だ!てな感じで、

実践してみました。

 

自分自身、初心に戻ってやってみました。

 

その結果、

練習環境がいかに大切か?

を実感したのです。

 

この記事を読んで、あなたも

実践していただけたらうれしいです。

練習環境も良くなり、

練習も快適になると思いますので…。

 

ぜひ、参考にしてみてください!

 

ギターケースに入れてはいけない

ギターはギターハンガーにかけておきましょう。

ギタースタンドも悪くはないですが、

省スペースという点では、

壁にかけるのがベストです。

 

 

部屋もすっきり!

広く快適になるんですよね!

 

 

「よっこらせと」

と言いながらギターケースから

取り出してシールドをつなげる

手間も省けます。

 

すぐにギターを弾ける!

 

ギターケースを使用するのは

スタジオやライブハウスに移動する時だけです。

 

椅子に座ってギターを弾こう

あぐらをかいてギターを練習なんて、

無意味に近いです。

なぜなら、不自然な姿勢だからです。

 

あなたはステージ上で

床にあぐらをかいて弾くのですか?

 

だからといって常に立って練習するのも

ある意味、不自然です。

基本練習を立って弾くのも

正直、疲れます。

 

立って弾いた状態に近くする

という理由で、椅子です。

 

ストラップも使用しましょう。

 

 

さらにフットスツールも使用すれば

より快適に、しかも

本番に近いフォームになります。

 

 

椅子に座って弾く時は

フットスツールを使用!

これを使用すれば、

足を組む必要がなくなり、

立って弾いた状態に、より近くなります。

 

譜面台を使おう

楽譜や教則本を見ながら覚えて練習する時は

出来るだけ体に負担をかけないように

しましょう。

 

椅子に座って弾くときは
譜面台がベストです。

 

 

例え椅子に座って弾いたとしても、

机の上に譜面などを置いていた場合は

のぞき込むような姿勢になりがちです。

出来るだけ立って弾いた状態で練習!

 

ここまで実践していたければ、いかに、

あぐら練習法が非効率か?

を実感していただけるかと思います。

 

なぜなら、

本番とは無関係な役に立たないフォームで

しかも、疲れるフォームだからです。

 

常に録音できる状態で練習する

たとえ基本練習であろうとも、

たまには録音して確認してみてください。

 

いかに録音作業が大切か?

 

自分自身弾けてるつもりでも

録音してみれば弾けてなかったりします。

 

 

ちなみに僕は、基本練習の時も常に

DAW(録音機材)につないでます。

いつでも録音できるように…

 

曲のアイデアなんかは

思いついた時にその場で録音しないと

もったいない!

 

形として残す作業をせずに、

「今日も練習した」

だけで終わらせるのは、

あなたの貴重なアイデアもそこで終わらせます。

 

ぜひ、いつでも

録音出来る環境

にしておきましょう!

 

最後に

ギター教則本にはあまり書かれていない、

「環境改善」

について述べましたけれど…。

 

これって全てにおいて重要なのですよね。

 

必要なものがすぐに手に取れる環境

疲れない環境

未来に向けての環境作り

 

僕自身、

この記事を書いていて、新たなる発見がありました!

ギターに限らず、

より多くの人に参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました